副作用と摂取量

スルフォラファンの副作用と摂取量

健康をサポートしてくれる強い味方のスルフォラファンですが、副作用についてはほぼ無いと言えます。
スルフォラファンは薬品ではなく、植物が元々から持っている外敵に対抗する成分なので、気をつける点といえばアレルギーといった所くらいです。

現在、スルフォラファン特定のアレルギー発症例はまだ無いようですが、アレルギーというのはいつ出るかわからないものです。
サプリメントとして摂取する場合は、スルフォラファン以外の成分に自身がアレルギー反応を示すものが無いかといったことも確認しましょう。

また、日常的に服用している薬がある方も、念のためかかりつけ医にご相談ください。
スルフォラファンサプリメントは、薬品ではなくブロッコリースプラウトから成分を抽出した加工食品ですが、特定の薬品の効果を充分に発揮できなくさせるという事例があるといわれているからです。

しかし、スルフォラファンは多少摂りすぎても問題ないとされていますし、食べあわせといった心配も無いとされています。
ブロッコリースプラウトを食べるにしろ、スルフォラファンを摂るにしろ、副作用の心配はほぼ要らないといって良いでしょう。

一日の摂取量は30mgと言われており、ブロッコリーでその量を摂るとすると1株、ブロッコリースプラウトなら1.5パックとなります。
日々、それだけのブロッコリーやブロッコリースプラウトを食べるのはなかなか大変です。

スルフォラファンは揮発性の成分のため、ブロッコリーは生か、蒸してすぐに食べきってしまわなくてはなりません。
ブロッコリースプラウトならばサラダとして生食できますが、1.5パックというのは簡単な量ではありません。

スルフォラファンを毎日確実に摂取するなら、やはりスルフォラファンサプリメントが一番と言えます。

海外サプリメントの危険性

サプリ

海外でもスルフォラファンは注目度が高いので、様々なサプリメントが販売されています。
国産のサプリメントと海外産のサプリメントで大きな違いといえば、厚生労働省で許可された成分かどうかという点です。
厚生労働省はもちろん日本の機関なので、日本人の厳しい基準で成分を規定しています。
しかし、海外のサプリメントには日本では規制の対象となっている成分が配合されていることもあるのです。

正式に輸入されているものに関しては心配はありませんが、個人輸入など厚生労働省の目の届かない部分となるとはやはり危険が伴います。
国産メーカーであれば当たり前に原材料や何由来の成分か明記していますし、もし疑問に感じた点があれば問い合わせる窓口もあります。
しかし、海外メーカーではそうはいかない事も多く、何由来かといった大切な部分が非公開の場合すらあるのです。
すべてがそうと言うわけではありませんが、少しでも不安の残るものはやはり続かないのではないでしょうか。

毎日口にするものですから、スルフォラファンサプリメントはやはり国産メーカーをオススメします。
成分や情報公開においても、国産メーカーの安心に勝るものは無いと言えます。

安心安全☆国産メーカー『KAGOME』のスルフォラファンはコチラ